「表参道」という街について思うこと

[雑記] 普段感じていることを思ったまま書きます。

 

私の会社は、表参道にあります。

そのため、誰かに「会社はどこにあるの?」などと聞かれるたび「表参道にある」と答えています。

だって、そう答えるしかないからね。

 

そうすると、必ずと言って良いほど「おしゃれ〜」というリアクションが返ってきます。

それはそうですよね。私だってそう答えます。大半の人がそうでしょう。

 

しかも、会社は青山の方なので、原宿側と比較するとオトナの落ち着いた雰囲気があります。

チャラチャラした感じがなくて、シンと静まった一本筋の通った街です。

まぎれもなく、日本で最もおしゃれな街の一つだと思います。

 

しかし、私は、今の会社に務めるまでは「表参道」という言葉の持つイメージだけで嫌いでした。

「気取りやがって」

「いけすかない街だな」

といった僻みの入った先入観に凝り固まっており、実物を見ようともせずに拒絶していました。

 

今は、というと、前ほどではないですが、やっぱり今もあまり好きではないです。

冒頭では褒めましたが、でも「気取りやがって」という感情は相変わらず持っています。

 

でも、尊敬の念もまた、同じく持っています。

 

この表参道という街、何がすごいかというと「徹底」されているんです。

何が徹底されているかというと「おしゃれであること」が徹底されています。

デザインや設計に統一感がある訳ではありません。

でも、「おしゃれでなくてはいけない」という意思はヒシヒシと伝わってきます。

その意思が、街の徹底されたおしゃれ感を生み出しているのでは、などと勝手に思っています。

 

私の以前の職場は恵比寿だったのですが、これがまた汚い街でして、ガッカリでした。

確かに、ガーデンプレイスの近辺は綺麗でおしゃれです。

しかし、ひとたびそこから離れると、どこにでもある小汚いコンクリート街でしかないのです。

 

もちろん、他の街に比べるとおしゃれな店の数自体は多いんですけどね。

恵比寿らしさが街のすみずみまで行き渡っているか?というと、そんなことはなく、

思い思いに好きな思想で好きな建物を建てています。

 

表参道は違います。造形はともかく思想が行き渡っています。

そこは尊敬すべきところだと感じています。

 

でも、好きじゃないです。

いけすかない、気取った街です。

職場じゃなければ絶対に近づかない街、でしょうね。

 

(・ω・)ノでは〜